• CPR STUDIOでは現在2020年3月末までレコーディング、ミックスダウン、マスタリング、アレンジ、楽曲制作のご予約、ご依頼を承っております。
  • 2019/09/04
  • Category:
  • CPR STUDIOでは現在2020年3月末までレコーディング、ミックスダウン、マスタリング、アレンジ、楽曲制作のご予約、ご依頼を承っております。

    2019/11/30まで初回限定レコーディングパック【6時間20000円、8時間25000円】を実施しておりますので是非ご利用頂ければと思います。
    レコーディング、ミックスダウン、マスタリングからアレンジから同期制作まで幅広く対応出来ます。(レコーディングのみ、ミックスダウンのみのご利用も可能)

    妥協のないサウンドに仕上げるオンラインミックス、オンラインマスタリング

    ここ数年でドラム音源やアンプシュミレーターなどのバーチャル音源やプラグインのクオリティーが上がり、バンドレコーディングにおいてもドラム音源やアンプシュミレーターを使用する方が増えてきております。
    それと同時にそうした手法でレコーディングした音源に物足りなさを感じるアーティストの方々も多く、CPR STUDIOにもお問い合わせを頂くことが増えております。

    ドラム音源やアンプシュミレーターを使用したレコーディングでも十分成り立ちますが、バンド感や空気感はどうしても再現する事は難しいです。
    そこでCPR STUDIOではバンド感や空気感に物足りなさを感じる方にバーチャル音源やプラグインを使用しない実機でのレコーディングをオススメしております。

    メジャーアーティストにおいてもサウンドに拘りを持つアーティストは今も実機でのレコーディングが大半を占めているのが現状で、アマチュアやインディーズのアーティストにおいて同様だと考えます。
    しかし費用面を考えると商用レコーディングスタジオを数日間ロックアウトする事は難しいと思いますが、CPR STUDIOでしたらリーズナブルに収めることが出来ます。(料金ページ参照)

    機材に関してもCPR STUDIOでは音の太さに定評のあるドラムセット、ビンテージサウンドからモダンサウンドまで網羅するギターアンプ、ベースラインと音の存在感を生かすベースアンプなど幅広いシーンに対応する常設楽器をご用意しております。(機材ページ参照)
    ドラムセットやアンプに詳しくない方には弊社エンジニアが求めるサウンドに最適な機材を提案させて頂きますので安心してご利用頂けます。
    持込機材も勿論OKで、ご自身の機材を最大限に生かしたレコーディング環境で収録します。

    実機で録音されたサウンドはミックスダウンやマスタリングの際にも大きな効果を発揮し、一度実機でレコーディングした方はドラム音源やアンプシュミレーターでのレコーディングに戻れなくなると思います。(特に実機ならではのドラムのタッチや弦楽器のピッキングのニュアンスを気にされる方は余計に戻れなくなります)
    この機会に実機での本物のバンドレコーディングをご利用頂ければと思います。

    まとめ

    レコーディング前のスタジオ見学やお打ち合わせも行っており、事前に電話(03-5809-0419)、メール(info@cpr-inc.jp)またはお問い合わせフォームよりご連絡頂ければ、対応可能な日程を連絡させて頂きます。
    皆さまからのご連絡お待ちしております。

    本物のバンドレコーディングを高音質でリーズナブルに行えるCPR STUDIOはこちら

Pocket